なおこのミュージカルレポ

英語上演&日本語字幕!【ミュージカル「チェス」】2020年版 舞台での字幕上演とは?

みなさんこんにちは〜

今日もミュージカル大好き!なおこ(@sakanao283)です。

少し前ですが、「CHESS THE MUSICAL」通称チェスミュに行ってきました!
やばいっす。世界です。世界がそこにあった。まじで世界だった!!!

てことでまずは公演概要です。

ミュージカル「チェス」

日程と場所:

2020/1/25 〜 2020/1/28  梅田芸術劇場メインホール
2020/2/1 〜 2020/2/9  東京国際フォーラム ホールC

主催:梅田芸術劇場

主要キャスト:ラミン・カリムルー サマンサ・バークス ルーク・ウォルシュ 佐藤隆紀

上演時間:約2時間20分(途中休憩25分)

公式サイトはこちら

ミュージカル「チェス」英語上演&日本語字幕!

今回のミュージカル「チェス」、実は、外国の超絶有名なミュージカル俳優の方が3人も出演したんですよ!!!

  • ラミン・カリムルー(世界のラミン!日本にはちょくちょく来るミュ界では有名人)
  • サマンサ・バークス(映画版レミゼでエポニーヌをやった人だ)
  • ルーク・ウォルシュ(よく知らないけどロンドンで若手のホープらしい)

の3人だ!

なぜ!いきなり!ここに来て、このすごい人たちが来てくれたんでしょうか?(だいたいコンサートでしか来てくれない)

そして、主演3人が外国の方なので、今回は英語上演です。

そう、字幕だ!!!!!!!

苦手なんだよね〜…

舞台の字幕上演、あれね、うん、得意な人いないと思う…

舞台での字幕上演の方法とは?

ところで、舞台で字幕って、どうやんの?

って、思うよね?
うん、私も観る前はそう思ってた。映画じゃあるまいし、舞台で字幕とか無理じゃね?って。

結論から言うと、左右に字幕バーが立ちます。

こういう感じだ。

字幕上演を表した絵一般的な字幕上演

ザ手書き。すまん。

念のため言っておくと、「字幕バー」というのは、私が勝手にそう呼んでいるだけです。

チェスのステージ構成は?

ミュージカル「チェス」は、一般的な舞台の字幕とはちょっとだけ違ってて、やや上の方に字幕バーが立っていた。

百聞は一見にしかずなので、下の図を見て下さい。

チェスのステージ構成の絵「チェス」ステージ構成

私の画力ではこれが限界です。笑

でもこれ、すごく良くて、今までで一番字幕が見やすい舞台だった!

ちなみに、この左右のバーには、同じ文字が出ます。

どっちか好きな方を見ればいいね!

でもね〜…

字幕、気が散るんですよ!!!
当たり前なんだけど、字幕バー見るたびに気が散るの。(そりゃそうだね、そのつど、舞台を観るのを中断しているわけだからね)

やっぱりちょっと苦手…  

驚異の歌唱力!ラミン、サマンサ、ルークの3人!

しかしですね、その苦手な字幕上演を差し引いても、ラミン、サマンサ、ルークの3人の歌唱力は異常だった。

佐藤隆紀(通称シュガー)さんも、めっちゃ歌うまいのだが、レベルが違う。

世界ってこんな感じなのか。私はもう愕然としました。

こんなにうまいのか!!!
世界レベルってこんなに、美しく高音が出て、歌唱の表情がすばらしく豊かで、歌とセリフが一体となっているのか!!!

ミュージカルってこういうものか!!!!!

マジ、歌うますぎて泣いたわ  

ありがとうチェス2020。
君のおかげで世界を見た。

コンサート版を経ての、ミュージカル上演

この「チェス」という作品、日本で上演されるのは今回で2度目ですが、実はその前に、「コンサート版」というのをやっているんですね。

日本におけるチェス年表↓

2012年 コンサート版として初上演
2013年 コンサート版再演
2015年 ミュージカル版初上演
2020年 ミュージカル版再演(しかも英語上演)←イマココ

どうしてコンサート版を先にやっているのか

ちょっと一般のミュージカルとは違う、特異な上演形態をとってきた「チェス」!

ふつーはミュージカル版やってからコンサートだよね!

で、なぜチェスがこういう形を取ったかというと、この作品、実は、東西冷戦を題材としている、なんかやたらと難しい作品なんですよ。

しかも、もともと、超長いらしい!

難しい上に長かったら、もう寝ちゃうよね〜  

そう、だから、時間を短くしてわかりやすくするために、この曲とこの曲をカットして…と思っても、上演権の問題から、そう簡単な話ではないのだそうだ。

そのあたりの詳しい話は、チェスで指揮をされた、上垣聡さんという方のブログに書かれているので、ご一読下さい。(丸投げ。でも上垣さんのやつスゲーわかりやすいよ)

ミュージカル「チェス」2020年版まとめと、ちょっぴり言いたいこと

ということで、晴れてミュージカル版として上演された「THESS THE MUSICAL」2020、最高に素晴らしかったです。

世界と日本のレベルの差に愕然としたけど、でもこれはミュヲタとして絶対に観ておくべき作品でしたね。

二度とこのキャストで再演はないと思います。

そして、本来なら、ミュージカル界では、こういう作品こそが、大人気になってほしい。チケット激戦になってほしいのです。

どうしても、キャストや作品ありき

日本のミュージカル界における特徴として、どうしても、同じような作品(具体的にはレミゼやエリザ)が毎回人気になるんですよね。

あと、キャストね。

人気のキャストに、人気の作品の組み合わせ。これが、爆裂に人気があって、それ以外はチケット売れ行きびみょ〜…ってことが多いのですよ。

仕方ないんだけど、もったいないなぁ。

正直、この「ミュージカル チェス 2020年版」を観ることができたのは、一生の宝物だったと思っています。

まとめのまとめ

ということで、今回は、ミュージカル「チェス」を題材に、「舞台での字幕上演ってどういう感じ?」というのをお伝えしました!(実はそういう趣旨だったんよ!笑)

それじゃ、またお会いしましょ〜。なおこでした!

【宝塚やジャニーズのチケットを取る】私がエポスカードをオススメする理由みなさんこんにちは!なおこ(@sakanao283)です。 今日は、チケットが取れるカードの中から、エポスカードについて詳しくご紹...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です